イメージ

超音波脂肪吸引って?

こちらでは、近年人気を集めている超音波脂肪吸引について紹介しています。これは超音波を当てることで脂肪を破壊する術式。ただ、この術式についても、通常の脂肪吸引と同様にカニューレ(管)の挿入は必要。外側から超音波を当てて終わりというわけではないので、その点はご注意ください。

超音波脂肪吸引の徹底解説!方法・特徴は?

イメージ

超音波脂肪吸引にも様々な種類が存在していますが、基本的なメカニズムは一緒です。ボリュームダウンしたい部位に超音波を当てて、脂肪細胞を分解していきます。体内に挿入したカニューレから超音波を発生させる体内式と、体外から超音波を当てる体外式が存在していますが、近年は内部からの火傷といったリスクを考慮して体外式を用いるのが一般的。いずれにしても組織が破壊されて柔らかくなった脂肪を吸引するのにカニューレを用いますので、カニューレを挿入することに変わりはありません。
ただ、除去できるのは皮下脂肪の70%前後が限界とされている上、LFDと呼ばれる最奥の脂肪にはあまり効果がないという説が一般的です。また、体外式の超音波脂肪吸引であっても、表皮を火傷するなどのリスクが存在しており、まったくのノーリスクというわけではありません。
さらに、機械式の施術のため、1cc単位で吸引する脂肪量を調節するのは難しく、繊細なボディデザインを希望されている方には向かないようです。

  • レーザー式と比べて大量の脂肪除去が可能!
  • 体外式の超音波脂肪吸引なら内部を火傷するリスクがない!

超音波脂肪吸引の流れ

ここからは、超音波脂肪吸引を受けた場合の過程について見ていくことにします。実際の施術内容を知らなければ他の施術との比較ができませんし、どの程度の負担が予想されるのかも見当が付かないはず。まず、気になった術式の施術内容を正しく知ることが美容整形のファーストステップといえます!

カウンセリング
理想とするボディラインについて出来る限り具体的に執刀医に伝え相談していきます。この時、超音波脂肪吸引が最適かどうかも含め、医師にきちんと判断してもらうことが、満足いく結果を得るための第一歩となります。

アロー

麻酔
止血剤や麻酔薬を調合した薬液を注入して、麻酔をかけます。局所麻酔なので術中も意識は明瞭ですが、特に痛みを感じることはありません。麻酔注入時は若干の痛みがあるかもしれませんが、不安に感じるほどではありません。

アロー

手術
超音波で脂肪細胞を分解する施術を行います。脂肪が完全に柔らかくなった時点でカニューレを挿入し、脂肪吸引を実施。手術時間は30〜90分程度。施術の面積などによって時間は大きく変わってきます。麻酔が効いているため痛みはありませんが、多少の違和感はあるかもしれません。

アロー

帰宅
しばらく休息を取った後、医師がチェックして問題がなければ帰宅することになります。手術直後は多少、痛みがありますが、安静にしていれば大きな問題はありません。また、手術部位は身体なので、外観から美容整形を受けたことが周囲に分かってしまう心配はないでしょう。

アロー

アフターケア
抜糸が終わるまでは安静を保ってください。もし、抜糸に伴う術後検診前に痛みが強くなるなどの変化があった場合は医療機関に連絡しましょう。ただ、多くは一時的なものであり、ほとんど重篤な問題を起こすことはありません。

超音波脂肪吸引のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 除去できる脂肪量が多い!
  • 体外式なら内部火傷のリスクがない!
  • 局所麻酔で施術が可能!
  • ウエストなど広い部位でも効果を発揮!

レーザー式と比べて1度に吸引できる脂肪の量が多いため、背中やウエストといった広い部位にも効果を発揮します。おおむね、皮下脂肪の7割程度を除去することが可能。また、局所麻酔で施術できるので、全身麻酔に不安があるという方でも問題なく適用できるのもポイントです。

背景1

背景2

デメリット

  • シリンジ式ほどの効果はない
  • 1cc単位での除去量調節は困難
  • 細かなボディデザインには向かない
  • 一般にダウンタイムが長め

脂肪の9割以上を吸引できるシリンジ式と比較すると効果は弱め。また、1cc単位での手動調節ができないので、ボディデザインを細かく指定することはできません。また、レーザー式と比べるとダウンタイムが長く、抜糸が終わるまでは日常レベルの動作にも制約が生じます。

超音波脂肪吸引はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 背中の脂肪を取り除きたい!
  • ウエストの脂肪をなくしたい!
  • 全身麻酔を受けるのは怖い!
  • 細かいボディデザインは必要ない!
  • 最優先でサイズダウンしたい!
  • 多少のダウンタイムは問題ない!
超音波脂肪吸引の基本情報まとめ
手術時間 約30〜90分
術後気をつけること 手術から3週間、運動などは控えることが必要。
ダウンタイム 約4〜7日
アフターケア 長くて3ヶ月ほど患部を固定。鎮痛剤を服用。
※クリニックにより異なります。