目を大きくしたい人の悩み

目を大きくしたい人の悩みイメージ写真

「目が腫れぼったい」「目が小さくて目つきが悪く見える」など、目に関する悩みは多くの女性が抱えていること。時間をかけたわりにどうもメイク映えしない、という悩みが、目を大きくすることへの動機になるケースも少なくないようです。

最短で目を大きくするには整形

最短で目を大きくするには整形イメージ写真

自力で目を大きくする方法にはどのようなものがあるでしょうか。まぶたが厚い場合には「目のマッサージ」、一重まぶたを二重にして華やかに見せる「アイプチ」、さらには目と目の間にテープを貼って目の大きく、パーツのバランスを改善するための「テープ」など様々な方法が考えられます。しかし、確実性に欠けますし、ずっと大きな目の状態でいられるわけではありません。また、毎日外出前にセットしなければならない手間を考えると、あまり割に合わないとも言えます。最短で確実性の高い方法を選ぶのならば、美容整形も一つの方法です。

目を大きくする整形にも種類がある(瞼、目頭、目尻)

目を大きくする整形にも種類があるイメージ写真

アジア人の目頭に多く見られる「蒙古ひだ」は、目と目が離れ、なおかつ小さく見えてしまう原因に。こうした場合の整形は、目頭切開が有効です。また、厚いまぶたもアジア人に比較的多い特徴。脂肪が多く、皮膚が厚い場合には奥二重や一重になりやすいと言えます。また「目の大きさが左右で異なる」という悩みは「片方のまぶただけ脂肪が多い」ことが原因の場合も。こうしたケースには、瞼の脂肪取りを行うことで解決を目指すことも可能。この他、目が寄りすぎて見える場合や、顔全体のバランスを整えるためには目尻切開を。目を大きくする施術は、このようにとても多彩です。

目を大きくする整形を3つピックアップ

目は鼻と並んで、顔の印象を特徴づける重要なパーツ。医師とともに、綿密なカウンセリングをおこなって是非とも理想の目元を実現して下さいね。ここでは、目を大きくする代表的な施術を3点ご紹介します。

二重整形

二重整形には「埋没法」と「切開法」があります。「埋没法」は、まぶたの裏から二重のひだを作り、それを糸で固定する施術法。メスを使用しません。「切開法」では、二重のラインを切開した後、皮膚・筋・軟骨組織を縫い合わせる方法となります

目頭切開

アジア人特有の蒙古ひだを切開または除去することで、目をハッキリ大きく見せることが可能です。「目の横の長さ」と「目と目の間の長さ」の比を1

まぶた脂肪吸引

アジア人に特徴的と言える「厚ぼったいまぶた」の脂肪を吸引。スッキリまぶたの大きな目を実現させることが可能な施術です。眠たそうな、ハッキリしない目の印象を「パッチリ印象深い・二重のラインがハッキリした目」に変えることができます。

悩み別!おすすめ整形ガイドを見る