美容整形の保険に関するQ&A

美容整形の保険に関するQ&イメージ画像

できる限りリーズナブルに施術を受けたい。美容施術をお考えの方は誰もが望むことでしょう。ここでは、リーズナブルに施術を受ける手段「保険適応」に関してQ&A形式でご紹介して参ります。気になる質問はココでチェック!

美容整形って保険はきくの?

美容整形って保険はきくの?イメージ画像

美容整形施術の多くは病気を治すための治療ではないため、保険適応外となっているのが現状です。そういった美容整形施術は全額自己負担の「自由診療」となり、クリニックごとに価格が設定されています。二重整形や脂肪吸引、アンチエイジング整形の費用がクリニックによって大きく異なるのはこのためです。しかし、美容整形外科や美容皮膚科で行っている施術の全てに保険がきかないわけではありません。施術によっては保険が適応されるものもありますので、まずは自分のコンプレックスを解消するための整形に保険適応となるものはあるのか調べてみる価値はあるでしょう。

なぜ保険がきくものときかないものがあるの?

なぜ保険がきくものときかないものがあるの?イメージ画像

保険が適応できるかできないかの判断基準として「美容を目的としている」施術に関しては保険が適応されないと考えてよいでしょう。保険適応か否かは、厚生労働省によって設定されている「保険治療範囲」に含まれるかどうかで決まります。この「保険治療範囲」は健康を守るためのものになるため、美容を目的としており、受けなくても健康上問題がない整形に関しては適応されません。逆に、美容整形外科で行っている施術でも健康上の問題となりえるものを解消するための施術には保険がきく場合があります。

保険がきく美容整形とは

保険がきく美容施術には以下のようなものがあります。しかし、同一施術であっても、保険適応が可能なクリニックと、そうでないクリニックがありますので事前確認は必要です。重要なのは自分が受けたい施術を知り、調べることです。

わきが治療、剪除法

脇を切開し、臭いの元となるアポクリン腺をはじめ、その他汗腺や皮脂腺まで取り除くことが可能な剪除法。重度のわきがにも確かな効果を期待できるこの施術は、多くのクリニックで保険が適応されています。

逆さまつ毛

通常まつ毛は上向きに、緩やかなカーブを描いています。しかし、そのカーブが下向きになっていることで、毛先が目に入ってしまうような状態を「逆さまつ毛」と言います。逆さまつ毛によって眼球に傷がつく恐れのある場合は保険が適応されることがあります。

ほくろ除去

ほくろにもさまざまな種類がありますが、悪性のほくろであったり、また、悪性になる可能性をもつほくろである場合は保険が適応されます。その他、部位や大きさによっても適応される場合があります。

美容整形・クリニックQ&Aを見る