イメージ

Qスイッチレーザーって?

シミやそばかす、あざに効くレーザー治療といえば「Qスイッチレーザー」です。これらの悩みの原因となっている「色味」にのみ反応する特殊なレーザーで、美しい肌を短期間に得ることが可能な施術となっています。

Qスイッチレーザーの方法・特徴は?

イメージ

しみ、あざ、ほくろ、そばかす、老人性色素斑…これらの共通点は皮膚に色素が沈着しているという点。Qスイッチレーザーはこれらの色素にのみ反応するレーザーなので、他の箇所に負担を与えることなく、美容効果を期待することが可能です。Qスイッチレーザーを照射すると、破壊された色素(メラニン)が皮膚ごと剥がれます。そして大体翌日までにはかさぶたになるはずです。その後数日かけてかさぶたは濃度を増してゆき、照射から遅くても2週間前後でかさぶたが自然にはがれます。かさぶたが取れた後の肌はややピンクがかっていますが、それからまた2週間前後を経ることで元の肌色に戻っていきますので心配ありません。

  • 色素に反応し破壊するQスイッチレーザー
  • しみ、ほくろ、老人性色素斑にも効果的
  • トータル1ヶ月で美しい肌に

Qスイッチレーザーの流れ

さてQスイッチレーザーの効果や詳細についてご覧頂きました。この施術のイメージをより具体的にしていくためにここからはQスイッチレーザーがどのような手順で行われるかについてご紹介していきましょう。

カウンセリング
レーザーの照射箇所などを確認していきます。ここで施術の流れやアフターケアの説明までがなされるはずですので、良く聞いた上でよく分からない箇所については全て質問しておきましょう。

アロー

麻酔
麻酔を塗布して、施術による痛みを抑えます。なお、顔の施術などの場合には麻酔の前に洗顔をします。

アロー

デザインの確認
施術箇所を確認します。確認が済んだら実際に施術を行っていきます。

アロー

施術
あらかじめ決めておいた箇所にレーザーを照射していきます。施術中は少しチクッとするかもしれません。

アロー

帰宅
施術後はそのまま帰宅可能です。ただし、施術を行った箇所についてはメイクを避けましょう。腫れることはあまりないようなので、その点は心配ありません。

アロー

アフターケア
レーザー照射から1〜2週間の間に施術部が自然とかさぶたになって剥がれ墜ちるはずです。1ヶ月後程度は日焼け対策を欠かさないようにしましょう。

アロー

Qスイッチレーザーのメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 切らずにタトゥー除去ができる
  • 通常は1回で効果が出る

Qスイッチレーザーのメリットはなんといっても、切らずにタトゥーにアプローチできる点。医師の診断で、Qスイッチレーザーでは不可能だという判断を下される場合もありますが、この施術で大きな効果をあげる場合もあります。なお、Qスイッチレーザーは通常1回の施術で効果が出てくれます。

背景1

背景2

デメリット

  • 即効性はない
  • 日焼けに気を遣う必要が

Qスイッチレーザーを照射するとかさぶたが出来ます。ここに色素が集中し、それが剥がれ墜ちることで肌がキレイになるのですが、それまでには最低1週間は見なくてはなりません。なお、かさぶたが剥がれた下の皮膚が周りになじむのにも1〜2週間程度見なくてならず、即効性は望めません。またこの期間中、日焼け対策をしっかりと行う必要があります。

Qスイッチレーザーはこんな人にオススメ

イメージ画像

  • シミを効率よく減らしたい
  • 気になるアザがある
  • タトゥーを切らずになんとかしたい
  • 1回で施術を終えたい
Qスイッチレーザーの基本情報まとめ
手術時間 10分程度
術後気をつけること 施術直後は痛みや腫れが起こることも
ダウンタイム 完成は1ヶ月程度後
アフターケア 日焼けに細心の注意を払いましょう
※クリニックにより異なります。