イメージ

鼻翼縮小術って?

鼻翼縮小術では、小鼻(鼻の下部で左右に膨らんだところ)の大きさや幅を整えていきます。小鼻が広がっていると鼻が大きく見えてしまうほか、鼻の穴が強調されてしまうことも。いわゆる「立派すぎる鼻」「自己主張の強すぎる鼻」を緩和し、女性らしい鼻をデザインすることが可能です。

鼻翼縮小術の方法・特徴は?

イメージ

鼻翼縮小術は、鼻の穴から鼻の付け根にかけての部位を切り取って縫い付ける術式です。このようにして鼻の幅(小鼻の幅)を縮めます。切り取る範囲が小さい「内側法」と切り取り幅が大きい「外側法」がありますが、どちらの施術が適しているかについてはカウンセリング・ヒアリングを総合した上で医師の判断を仰ぎましょう。
鼻の幅が広く、大きく見えることは雄々しさや威厳を感じさせる反面、美を求める女性には好まれない状態かも知れません。一般に「鼻が座っている」と言われる状態が、これに当たります。鼻翼縮小術を行うことで、目立ちすぎる鼻を修正し、女性らしい奥ゆかしげな雰囲気を手に入れることができます。

  • 1時間程度で、鼻翼の小さくほっそりした美しい鼻が手に入る
  • 顔の中心パーツである鼻を整えることで、女性らしい雰囲気に

鼻翼縮小術の流れ

それでは順を追って鼻翼縮小術の流れを詳しく確認しましょう。特に大切なカウンセリングから、術後のアフターケアに至るまでを知り、具体的な施術のイメージをきちんと把握して下さいね。

カウンセリング
小鼻を必要以上に切除しすぎると、不自然さが目立ってしまい「いかにも手術をしました」というような出来上がりの鼻になってしまいます。そのため、カウンセリングによる話し合いや綿密なシミュレートはとても重要です。ここでアフターケアなどについての説明等もあります。

アロー

デザイン
手術の前に再度、カウンセリングで決定した鼻のデザインについて確認します。失敗を防ぎ、理想的な鼻を確実に実現するために大切なステップです。

アロー

麻酔
手術時の痛みを緩和するために麻酔を行います。クリニックによっては、麻酔注射の痛みを緩和する「麻酔クリーム」が事前に塗られることもあるようです。

アロー

手術
手術時間は一般的に30分〜1時間程度です。麻酔が効いているため痛みなどはほとんど感じません。

アロー

術後
手術後は10分程度のアイシングを行います。入院の必要はないため、そのまま帰宅可能です。腫れなどが気になる方にはマスクを出しているクリニックもあります。

アロー

抜糸
手術後1週間ほどで抜糸。施術を受けた病院にて、経過確認や痛み・腫れの確認も行いながら抜糸を行います。
アフターケア
抜糸後に痛みがある、腫れが収まらない…など何かお悩みの点がありましたら施術を担当したクリニック・美容外科へ連絡することをおすすめします。病院選びは、術後のアフターケアまでも含めて検討することが大切です。

降鼻術のメリッ&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 1時間前後で女性らしい鼻を得られる
  • 鼻が左右対称に見えるようになる
  • 効果が半永久的

男性らしい印象を与える横幅の広い鼻。鼻の大きさ自体も大きく見えることが多い、この小鼻の張りを鼻翼縮小術は1時間程度で完了します。施術では、鼻の大きさが左右対称になるように注意を払いますから、それだけで鼻のいびつさがケアすることも。メイクではなかなか誤魔化しづらい悩みも、施術を行えば半永久的な効果が期待できます。

背景1

背景2

デメリット

  • 元の鼻に戻すことが難しい
  • 他の手術が適している場合も考えられる

ヒアルロン酸注射による施術などは効果が限られている分、良くも悪くも施術前の状態に戻すことが可能。しかし鼻翼縮小のように、切開した上で縫い付けるような手術の場合「やっぱり前の鼻のほうがいい」と施術後に望んでも、全く元に戻すことは難しいかもしれません。また、鼻の形状や悩みの種類によっては、例えば鼻尖修正術などが適しているケースも。あらかじめ医師とよく話し合った上で施術を決定する必要があります。

降鼻術はこんな人におすすめ!

イメージ画像

  • 小鼻の幅が広い・大きい
  • 小鼻が張っている
  • 鼻の穴が目立って悩んでいる
  • 左右の鼻の穴の大きさを対称にしたい
  • 大きく見える鼻を小さくしたい
  • 施術の効果は半永久的な方がいい
降鼻術の基本情報まとめ
手術時間 30分~1時間前後
術後気をつけること 1週間後の抜糸までは、強く擦ったり揉んだりしない方が無難です。
ダウンタイム 最大7日程度
アフターケア 痛みや腫れがある場合はクリニックへ連絡を
※クリニックにより異なります。