イメージ

鷲鼻整形って?

段鼻は読んで字のごとく、鼻筋が段になっている鼻のこと。鷲鼻は男性では威厳を象徴している反面、女性ではやはり鼻筋が直線のスッキリとした鼻を求める方が多いことでしょう。鷲鼻整形では、鼻筋のスッキリ通った美しい横顔を目指すことが可能です。

鷲鼻整形の方法・特徴は?

イメージ

鷲鼻は、その字が示すごとく鷲のくちばしのように湾曲している鼻の状態です。スッキリとした鼻を求めている女性などには、大きなコンプレックスになることもあるでしょう。さて、鼻筋の骨が前に出ている鷲鼻は、基本的に骨の切除手術で解決していきます。鼻の穴を切開し、出っ張っている鼻骨を切除していくのです。ただし鼻根(目と目の間)が低いせいで鷲鼻に見える場合には、ヒアルロン酸・レディエッセの注射注入施術によって解決する方法も。(このページでは前者・骨の切除による鷲鼻整形に絞ってご紹介)
そもそも鼻に段が出来る部分は、鼻骨と軟骨の分かれ目の部分。横から見ると中央の出っ張りが目立ちます。また、鷲鼻の度合いが大きい人ほど鼻自体が多少斜めの傾向がある、とも言われているようです。鷲鼻の自覚症状がある方は、鏡などで一度確認してみると良いでしょう。

  • 隆起して鼻全体のバランスを崩す隆起を整えることができる
  • 弓なりに湾曲した鷲鼻が解消されることで優しい印象を出すことが可能
  • ストレートな鼻筋を持つ美しい横顔が手に入る

鷲鼻整形の流れ

さてここからは鼻尖形成施術の流れを確認していきましょう。鼻尖形成は大変な繊細さとセンスが要求される手術ですから、特にカウンセリングでは綿密な話し合いを行って下さいね。

カウンセリング
最終的にどのような鼻を目指すのか、施術の流れやアフターケアも含めて話し合いが行われます。この施術は、骨を削るという、ある意味取り返しのつかないオペですので、センスや経験などあらゆる面から信用できる医師・クリニックを選びましょう。

アロー

デザイン
施術前にデザインと施術内容の確認を行います。スムースに間違いなく施術を行うために、ここで切開部位にマーキングを行うこともあります。

アロー

麻酔
局所麻酔を行っていきます。これによって手術中は痛みなく施術を受けることが可能です。

アロー

手術
鼻の内側から切開し、鼻骨の出っ張りを切除して行きます。大変な手術のようですが、時間にしてわずか30分程度のことが多いようです。

アロー

術後
術後は最大7日程度、鼻をテープで固定します。手術直後は腫れ防止の目的からアイシングを行います。特に入院の必要もありませんので、落ち着いたらそのまま帰宅することが可能です。

アロー

抜糸
術後1週間程度で抜糸を行います。腫れが比較的ひいたあとの状態、デザイン通りの鼻に仕上がっているなどの確認も行われるはずです。
アフターケア
抜糸後、まだ痛みや腫れがある場合、あるいは何か気になる問題があるときには施術を担当したクリニックへ連絡しましょう。

鷲鼻整形のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • バランスの良い鼻が手に入る
  • 優しい印象を手に入れられる

鷲鼻整形を行うことで、横から見てもまっすぐなバランスの良い鼻筋が手に入ります。鼻骨が出て、鷲鼻の形状ですとどこか気が強いような印象を与えることもありますが、それを整えることで優しい印象に。これは特に、ほとんどの女性にとって施術を受ける大きなメリットと言えるでしょう。

背景1

背景2

デメリット

  • 鼻のテーピングが最大1週間程度必要
  • 鼻周囲が1週間程度腫れることが
  • 鼻が低い印象になることも

鷲鼻整形では、術後鼻のテーピングが必須。同時に抜糸までの1週間程度は腫れの症状が見られることが一般的ですから、何かと不自由を強いられるかも知れません。また、カウンセリングが甘かったり、経験の少ないドクターが施術を行った場合、鼻そのものが低くなったような印象になることもあります。

鷲鼻整形はこんな人におすすめ!

イメージ画像

  • 鼻筋の中央部の出っ張りが気になる
  • 横から見たときに直線的な鼻筋を目指したい
  • 施術効果は半永久的な方が良い
  • 入院不要で滑らかな鼻筋を手に入れたい
降鼻術の基本情報まとめ
手術時間 30分〜1時間程度
術後気をつけること 鼻をむやみに触らず、ぶつけたりしないように細心の注意を払いましょう。
ダウンタイム 抜糸は7日後
アフターケア 鈍痛は施術後、日を追うごとに和らいでいきます。ただし痛みが続いて違和感が持続する場合にはクリニックへ連絡も考えましょう。
※クリニックにより異なります。