誰しも不安に思う小鼻縮小の詳しい知識とは

誰しも不安に思う小鼻縮小の詳しい知識とは

■つっぱらないかが心配|不安になりがちな小鼻縮小のイメージ特集!

小鼻縮小の手術をしたいと考えている人は多いですが、顔の中でも特に目立つパーツですので不安に感じる人も少なくありません。

特に、小鼻縮小手術をした後で糸が突っ張らないかということについて不安に感じる人は多く、術後の体験談でもそのことに言及しているケースがたくさんあります。

確かに、元の状態から鼻の一部を切開して縫合していますので、術後しばらくは違和感を感じる人がほとんどではありますが、その後の経過についてはそれほど心配する必要もありません。

きちんとした知識を持って手術に臨めば、術後もリラックスして過ごせるようになりますので、挑戦したいと考えている人はまず、手術についての情報集めをしてみるとよいでしょう。

■小鼻縮小!まずは知ることから始めましょう

小鼻縮小手術で不安に感じられる突っ張り感ですが、個人差はありますが大体数週間もすれば徐々に気にならなくなってきます。ただ、縫合直後は腫れていることもあり、特に鼻が引っ張られるように感じることが多いようです。

このときに無理に表情を動かそうとすると、場合によっては糸が切れることもありますので、できるだけ顔を動かさないようにするとよいでしょう。

腫れが引いてくるとだんだん痛みを感じなくなりますし、抜糸するとほとんど突っ張り感も残らなくなります。スキンケアが自由にできるようになったら、軟膏などを塗っておくと傷の戻りも早くなります。

術後しばらくは予想とは異なる形の鼻になって戸惑う人も多いですが、突っ張り感がなくなる頃には見た目も自然な形に戻っていきますので、違和感がなくなります。

手術直後は結果が不安に感じる人もいますが、その後の経過では満足度の高い手術となっていますので、興味のある人は利用してみるとよいでしょう。