脂肪吸引特集

整形できるのは顔だけじゃない!脂肪吸引で理想のボディを実現

イメージ1

理想的なボディラインを手にしたい…という思いは、男女問わず共通の願いではないでしょうか。しかし、必死にダイエットしてもリバウンドしてしまったり、お腹は引っ込まないのに胸だけ引っ込んでしまったり、なかなか思うようにならないのが辛いところ。そこで注目されているのが脂肪吸引です。自分の理想に合わせて体型を整えられる上、リバウンドも無いのが魅力です。

正しい知識が必要!脂肪吸引手術の選び方

技術の進歩に伴って脂肪吸引の施術法も多様化しており、クリニックで独自の名前をつけて独自のやり方で施術を行っているところもあります。少し前までは、脂肪吸引は比較的リスクを伴う美容整形と認識されていましたが、現在は患者側の負担をできるだけ少なく、かつ脂肪もしっかり取り除ける施術法も開発されています。脂肪吸引施術を選ぶ際には、それぞれの施術法のリスクやデメリットもしっかり把握し、できるだけ体への負担が少ない方法を選ぶことが大切です。

脂肪吸引とダイエットの違いとは

イメージ画像

“ちゃんとダイエットをすれば、脂肪吸引は不要”と考える人もいると思います。しかし、ダイエットと脂肪吸引には根本的な違いがあります。
体内には、蓄積量が増えすぎると肥満へと繋がる「脂肪細胞」というものが存在します。脂肪細胞が大きくなったり小さくなったりすることが、太ったり痩せたりといった現象に繋がります。ダイエットをするということは、この脂肪細胞を小さくすることを目的としています。しかし、ダイエットをやめたり不摂生をすると、脂肪細胞はまたもや大きくなり、結果リバウンドしてしまうことに。脂肪吸引はこの脂肪細胞そのものを取り除く施術です。もし体内にわずかに残った脂肪細胞が大きくなったとしても、脂肪細胞の量自体が少ないのでリバウンドすることはありません。また、ダイエットで落とせるのは皮膚のすぐ下にある皮下脂肪ですが、そのさらに深くにはLFDといわれる脂肪層が存在します。脂肪吸引は、ダイエットでは落とすことのできないLFDも皮下脂肪と一緒に除去します。

脂肪吸引施術ガイド

現在、患者の体にできるだけ負担をかけないことが、脂肪吸引施術では重要なポイントとなっています。しかし、やはりダウンタイムや施術後の痛みを完全に避けることはできません。各施術の方法や特徴の違いをよく知り、知識を持って選ぶことが大切です。

シリンジ脂肪吸引

シリンジ脂肪吸引というのは、麻酔薬を生理食塩水で薄めた液体を脂肪層に注入し、膨らんで柔軟になった脂肪層をシリンジという手動式の吸引器で吸い出していく方法です。機械に頼らず医師の手作業で行うため、1cc程度の細かい調整が可能。美しい仕上がりが特徴ですが、同時に医師のセンスと技量が要求されます。理想のボディラインをつくることができる施術ですが、体重の減少はそれほどありません。

施術基本情報まとめ
手術時間 約30〜60分
術後気をつけること 術後、1〜3日はバンデージによる圧迫固定を行います。要安静。
ダウンタイム 約4〜7日
アフターケア 処方された痛み止めの抗生剤を服用することが必要。
※クリニックにより異なります。

レーザー脂肪吸引

ダイレクトに脂肪組織をレーザー照射するスマートリポ、プラズマ光を当てるプラズマリポなど複数の種類がありますが、原理はおおむね同じ。脂肪を溶かして、老廃物と一緒に排出されるようにします。施術に要する時間が短く、痛みやダウンタイムが減少する一方、効果が表れるのに1~3ヶ月程時間を要します。

施術基本情報まとめ
手術時間 約30分
術後気をつけること 術後3日程度は固定が必要。その間は入浴不可です。
ダウンタイム 約2〜3日
アフターケア 鎮痛剤を用いつつ、なるべく安静にすることが必要。
※クリニックにより異なります。

超音波脂肪吸引

体外式と体内式がありますが、超音波を発生するカニューレ(管)を挿入する体内式超音波脂肪吸引は内部から火傷が発生したり、炎症が長期化するケースがあったため、現在は体外式が主流。体外から間接的に脂肪に超音波を当て、脂肪細胞を柔らかくしてからカニューレを挿入し、脂肪を吸い出す方法です。脂肪を吸い出す際の出血が少ないというメリットがあります。デメリットとして、皮膚の表面に火傷をする可能性があるので、やはり医師の技術力が求められます。

施術基本情報まとめ
手術時間 約30〜90分
術後気をつけること 運動などは術後3週間が経過するまでは避ける必要あり。
ダウンタイム 約4〜7日
アフターケア 1〜3ヶ月ほどの長期にわたって圧迫固定。痛みは鎮痛剤でケア。
※クリニックにより異なります。

ベイザー脂肪吸引

比較的新しい施術法で、近年、どんどん普及しています。ベイザー波という超音波を発生するカニューレ(管)を用いているため、広義では超音波脂肪吸引の一種。ダウンタイムが短い、効果が高い…といった触れ込みで流行を見せていますが、基本的には他の施術法と大差はありません。刃のないカニューレを用いることから“優しい施術法”というイメージがありますが、体内に差し込んでいるわけですから、ベイザー=安全とは必ずしも言い切れません。

施術基本情報まとめ
手術時間 約30〜60分
術後気をつけること 術後3週間ほど、運動など身体に負担のかかる行為はNG。
ダウンタイム 約4〜7日
アフターケア 痛み止めを服用。また、入浴は術後10日ほど経過してから。
※クリニックにより異なります。

脂肪吸引 Q & A

脂肪吸引のリスクは昔ほど気にされなくなってきていますが、やはり正しい知識を持つことでよりリスクの少ない方法を選択することができます。疑問、不安をしっかりと洗い出して、気になる部分を解決しておくことが大切です!

質問イメージ

脂肪を吸い出す管の傷跡は目立ちませんか?

答え

基本的に、シリンジやカニューレは目立たない箇所から挿入しますので、傷跡が気になるということはありません。3ヶ月くらいまでは赤みなど、若干の跡が残っていますが、徐々に薄くなっていき、最終的にはほぼ分からなくなります。シリンジの場合2mm前後、カニューレでは5mm前後の傷になりますので、傷跡の治りが気になる場合、より傷の小さいシリンジ脂肪吸引を選択したほうがベターかもしれません。また、傷跡が消えにくい体質であれば、万一の際に傷跡修正の施術を行ってくれるクリニックがオススメです。

施術部位に凹凸が残る恐れがあるって本当?

答え

医師の技量によっては、仕上がりがキレイにならず、凹凸が残ってしまうケースがあるようです。ただ、それを逆手にとって“当院の施術法なら大丈夫”といった広告を打っているクリニックを盲信するのは禁物。これは術式の問題というより、ひとえに医師個人の技術によるところが大きいのです。名医とされている医師に依頼し、事前のカウンセリングで希望の仕上がりについて入念に打ち合わせておくことが、理想のボディデザインを実現する唯一最大の方法といえるでしょう。

具体的にどのくらい体重を落とせるんですか?

答え

そもそも脂肪というのはあまり重くありません。むしろ筋肉のほうが圧倒的に重いため、脂肪が減少しても思っているほど体重は軽くならないのです。ただ、目的は外見的な部分やせ、および理想のボディラインを獲得すること。体重計の数字を減らすことではなく、美しいスタイルを実現するための施術と思って受けた方が良いでしょう。もちろん、除去した脂肪の重さ分は軽くなりますが、数値的には1kg未満の差しかない場合も多いです。

おすすめクリニック

背景1

背景2

病院キャプ

水の森美容外科

名古屋、大阪、北海道

名古屋院:愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F
大阪院:大阪市北区曽根崎2-3-2 梅新スクエアビル地下1階
北海道院:北海道北見市中央三輪5丁目423番地5 北見メッセA棟2F

脂肪吸引の効果において重要になってくるのが、LFDと呼ばれるダイエットでは落とせない脂肪の吸引になります。LFDと皮下脂肪を共に除去することで十分な結果が得られることになるわけですが、皮下脂肪を除去する際に重要なのが医師の技術力です。皮下脂肪を適切な量以上に取りすぎてしまうと、肌が凸凹になったり色素沈着といったトラブルの原因に。水の森美容外科では、確かな技術を持った医師のみが施術にあたるので、そういった術後の合併症を心配することなく施術に臨めます。患者さんの様々なニーズに合わせた施術法を用意しているのも、患者さんを第一に考える水の森美容外科ならでは。中でも生理食塩水を用いたリサーフェイシング法は、皮膚にダメージを与えず可能な限り脂肪層を取り除く、安全面でも効果面でも優れた施術法。その他、腫れをできるだけ抑えたい、傷跡が目立たない方法で行いたい、といった患者さんの希望に合わせた施術法が用意されています。

ピックアップドクター

こちらでは脂肪吸引の施術を得意とされている、名医5人をご紹介。同じ施術であっても、医師のテクニック次第で仕上がりは大きく違ってきます。

イメージ

水の森美容外科

竹江渉医師

名古屋

通常は除去できないLFD脂肪層まで取り除くシリンジ脂肪吸引を取り入れています。リサーフェイシング法など独自の方法も取り入れ、より安全を重視した脂肪吸引を提供しています。

イメージ

水の森美容外科

田川大地医師

大阪

他のクリニックと比較して1.5倍の時間をかけ、丁寧な施術を行っている田川医師。妥協せず、最善の脂肪吸引術を年間250例以上も提供しています。

 イメージ

大塚美容外科

総副院長 半田俊哉医師

東京

一昔前に大人気を博したTV番組『ビューティーコロシアム』に出演されていたことで有名。カウンセリングを重視する方針を取っています。

イメージ

高須クリニック東京院

高須克弥医師

東京

日本における脂肪吸引のパイオニア。最先端美容テクノロジーで理想のボディデザインを実現する「ベイザー・ミケランジェロ」を得意としています。

イメージ

共立美容外科

久次米秋人医師

東京

共立美容外科は、日本で初めて入院を要しない日帰りの脂肪吸引を提供した医療機関です。脂肪の冷凍融解フリーズファット、注射による超音波メソセラピーなど豊富な施術を提供。