わきが特集

わきが治療で長年の悩みを解決!

イメージ1

わきがは衛生状態と関係なく、遺伝的形質などで生じるものなので、本人の努力ではどうにもならないのが辛いところ。クリームやスプレーなど一時的に臭いをケアできるアイテムは多くありますが、根本治療としては医療機関でのわきが治療となります。

わきがは男性より女性がなりやすい!?

統計によれば、わきがで悩んでいる方の男女比は、男性3割に対して女性7割と言われています。これは女性の方が身だしなみに気を遣う人が多く、気にしやすいといった点があるからだそうです。医療機関でわきがの治療を受けるのも女性の方が多いようです。では実際のわきがの発症比率はどうかというと、男性と女性の割合はほぼ1対1か、やや女性が多いくらいと言われています。

切るわきが治療と切らないわきが治療!

イメージ画像

これまではわきがの治療というと、わきがの原因となるエクリン腺やアポクリン腺を摘出する施術が確実といわれていましたが、
ここ数年で医療技術は大きく進歩し、メスを使わずにできる治療法が開発されています。皮膚の上からレーザーで汗腺を破壊するミラノドライや、わきの下にボトックスを注入に汗腺の活動を抑える方法がそれに当たりますが、切る施術にしろ切らない施術にしろそれぞれにメリットデメリットがあります。また、切らないわきが治療は、施術方法によっては重度のわきがの症状を持つ人よりも軽度~中度の症状の人に向いているといったものもあります。

わきが治療法ガイド

こちらでは美容外科で行われている一般的なわきが治療について、方法、注意点をまとめています。手術時間やダウンタイムが施術方法によって大きく変わってくるので、自分が何を優先とするのかを決めて、施術法を選んでいきましょう。

剪除法

イメージ画像

わきがの原因となるのがアポクリン汗腺から分泌される汗。これが細菌などとまじわることでわきが特有の臭いが発生します。剪除法はこのアポクリン腺を剥がして除去する方法。わきの皮膚を切開してひっくり返し、その部分にあるアポクリン腺を直接目で確認しながら取り除いていきます。強いわきが体質の人にも対応しています。

施術基本情報まとめ
手術時間 約120〜180分
術後気をつけること 1〜2週間は固定。ハードな運動は1ヶ月近くは避けなければなりません。
ダウンタイム 約3ヶ月~半年
アフターケア 2〜3週間で抜糸、その後も検診が必要になります。
※クリニックにより異なります。

吸引法

イメージ画像

吸引法は、脇の下に穴を開け、そこからアポクリン腺を吸い出すという方法です。傷口が小さく済むので、術後の経過は剪除法より楽。ただし、医師が患部を目で見るわけではなく機械的に行うため、剪除法に比べるとアポクリン腺の取り残しが発生しやすくなります。効果としては、臭いが30%ほど抑えられるといった程度です。

施術基本情報まとめ
手術時間 約30〜40分
術後気をつけること 術後、2日程度はタイオーバー。患部は固定しておくこと。
ダウンタイム 約3ヶ月~半年
アフターケア 1週間で抜糸、その後も検診が必要になります。
※クリニックにより異なります。

ボトックス注射

わきの下にボトックスを注入し、汗腺、脂腺の働きを弱めるという術式。わきがの原因となるアポクリン腺の汗が減少するため、臭いを抑えることができます。ただし、剪除法と違い汗腺を除去するわけではないので、効力は半年程度であり、永続性はありません。この持続期間にも個人差があります。このボトックス注射を繰り返して行うことで、効果の持続期間が長くなったり効果自体が高くなったりすることもあります。

施術基本情報まとめ
手術時間 約5〜10分
術後気をつけること 特に注意するべき点はありません。
ダウンタイム なし
アフターケア 特別なケアの必要はありません。
※クリニックにより異なります。

わきが治療 Q & A

ここからは、わきが治療を希望されている方が疑問に思う物事をQ & A形式で紹介しています。手術について何か不安な点がある場合、まずは以下の質問、回答をお読み頂くと良いでしょう。

質問イメージ

治療すれば絶対に再発しないの?

答え

まず、ボトックス注射のように効果が6ヶ月程度とハッキリしている治療法については永続性がありません。では、手術を行った場合の再発についてはどうなのでしょうか。わきがの原因となるアポクリン腺は根の部分が残っていると再生する可能性があるため、手術をしたとしても再発の可能性は存在はします。きちんとした技術を持った医師に、剪除法のようなアポクリン腺全体を除去する施術を行ってもらうことで再発のリスクを低くすることができます。

傷跡は目立たない?

答え

もっとも傷が残りやすい剪除法であっても、一本腺の形で薄く残るだけです。もともと腋の下はシワがありますから、手術の際にシワに沿って切開していれば、紛れて分からないでしょう。ただ、医師の技量によって多少の差が出ますので、わきが手術を得意とする医師に執刀をお願いすることが前提となるのは確かです。

わきがかどうか知る方法はある?

答え

わきがのニオイは、本人にとっては気づきにくいと言われています。また、神経症の1つで、自分が臭うと思い込む病気があるなど、本当にわきが体質なのか判断が難しいケースも存在。わきが体質の方に共通するものとしてよく挙げられるものとしては、「耳垢が湿っぽい」、「親や兄弟にわきがの人がいる」といったものがあります。

おすすめクリニック

背景1

背景2

病院キャプ

秋葉原フロンティア
クリニック

東京

千代田区外神田2-3-7 アーバンファーストビル2F

通常、わきが治療は剪除法、吸引法といって切開を伴う術式を用いるのが一般的です。中には針から電気を流す治療法などを実施しているクリニックもありますが、やはり患者さんに少なからず負担がかかってしまうのは否定できません。そんな中、秋葉原フロンティアクリニックでは一切メスを使わないミラドライという最新治療を実施しているのが特徴。
ミラドライは、表面からマイクロ波を照射して、わきがの原因となるアポクリン腺の機能を破壊する治療法。治療時間も60分と短く、ダウンタイムもほとんどなし。“わきがは治したいけど、手術は怖い”という方に最適な手法となっています。
また、秋葉原フロンティアクリニックはミラノドライを開発したMiramarLabs社によるミラノドライ公式認定を取得しているクリニックでもあります。

ピックアップドクター

同じ治療でも、医師の技量によって効果が大きく変わってくるのがわきが治療。わきが治療に力を入れている5人のドクターを紹介します。

イメージ

秋葉原フロンティアクリニック

櫻井泉医師

東京

切らないわきが治療であるミラドライを積極的に実施するなど、患者さんの負担が少ない治療を実践。ミラノドライ認定医です。

イメージ

秋葉原フロンティアクリニック

鴫原康医師

東京

櫻井泉医師と同じく、秋葉原フロンティアクリニックにて執刀を行っているミラノドライ認定医。わきが・汗についてクリニック全体で取り組んでいます。

イメージ

共立美容外科

久次米秋人医師

東京

切開することなく効率的に汗腺を除去する「超音波+ローラークランプ法」を始め、切らないわきが治療を行っています。

イメージ

共立美容外科

浪川浩明医師

東京

東京厚生年金病院の形成外科で経験を積まれ、2006年に美容外科の道へ。患者さんとのコミュニケーションを大切にした医療を実現しています。

イメージ

梅田フェミークリニック

井畑峰紀医師

大阪

大阪医科大学の助教を勤められた実績もおありで、2012年には医学博士号を取得。カウンセリングからアフターケアまで親身にこなします。