女性

眼瞼下垂治療って?

目を普通に開いた状態で、垂れた上の瞼が黒目を半分以上隠していたら…あなたは眼瞼下垂の疑いがあります。眼瞼下垂治療では、上瞼を縮小する手術を実施。保険適応が無い場合には、両側手術で数十万円かかる可能性もありますが、保険適応が可能ですのでご安心を。

眼瞼下垂治療の方法・特徴は?

眼瞼下垂治療

眼瞼下垂でまぶたが垂れる原因は、上まぶたの「挙筋」の力が弱まってしまうため。先天的にこうした状態であるケースもありますが、年齢やコンタクトレンズの長期間にわたる使用が原因である場合も。また、アレルギーによるかゆみでよく目を擦る方、白内障の手術経験がある方、目を酷使する仕事をしている方にも多く見られるようです。眼瞼下垂治療は、この挙筋を手術で短縮していきます。これによって、ぼんやりして眠そうな見た目の改善、また眼瞼下垂のせいで引き起こされていた肩こりや頭痛など悪影響の改善を見込むことが可能です。
保険適応が可能で、全国の美容整形外科ほか、大学病院、一般のクリニックや医院でも受けることができます。(保険適応については、電話などによる事前確認をおすすめします)

  • 最大1時間程度で、大きく開いた目を手に入れることができます。
  • 目がきちんと開いていないことによる肩こりや偏頭痛などの改善も期待できます。

眼瞼下垂治療の流れ

さてそれでは、眼瞼下垂治療の流れを確認していきましょう。手術時間は1時間以内と短いですが、やはりメスを入れる手術ですからアフターケアについてもしっかり知っておきたいですね。

カウンセリング
医師が診断により、下垂した眼瞼の状態を把握します。眼瞼下垂と判断された後、術式やその後のケア、痛みや生活上の注意点などの説明が。ここで、どの程度の眼の開き具合が良いか、といった希望も聞かれます。ここではぜひ丁寧にカウンセリングしてくれるクリニックを選びたいものですね。

アロー

術前検査
採血が行われ検査に回されます。手術に際して何の問題もないと判断された場合には、手術の申し込みや手術の日取りを決定していきます。

アロー

局所麻酔
希望する眼の開き具合を再度確認し、消毒を行います。その後、麻酔を局所的に使用します。そのため手術中はほとんど痛みを感じません。

アロー

手術
まぶた上の「挙筋」と呼ばれる筋肉を短く縮小していきます。これによって、瞼の下垂、たるみが改善します。麻酔の効果で痛みはほぼありません。

アロー

手術後
術後は別室で休憩します。この際多くの場合は10分程度のアイシングをするはずです。入院などの必要はないため、日帰り帰宅できます。

アロー

施術後
医師が様子を確認し、問題が無ければすぐに帰宅可能です。術後すぐのメイクも可能なので、別室などでメイクをした後、普通に帰宅できます。

アロー

抜糸
1週間程度で抜糸を行います。そのため手術を受けた病院へ再度出向く必要が。なお、術後の経過を見て特に問題が無ければ、抜糸後のメイクも可能です。

アロー

アフターケア
腫れが気になる、痛みがある。こうした場合には病院へ連絡を取るか、再度受診しましょう。多くの病院が真摯に対応してくれるはずですが、そこで発生する料金等はまちまち。病院選びは、術後のアフターケアまでを考えて行う必要があります。

眼瞼下垂治療のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • パッチリとした瞳が取り戻せる
  • 肩こりや頭痛が軽減する可能性も
  • 眼精疲労やかすみ目の改善
  • 効果は半永久的

大きく魅力的な目元が期待できる眼瞼下垂施術。瞼が垂れ下がると、目が開きにくくなるため、余計な力が必要となります。そのため、これが肩こりや頭痛に繋がることも。当然、治療を行うことでこれらが軽減することも考えられます。同様に目のかすみや眼精疲労の改善も見込めます。

背景1

背景2

デメリット

  • 二重まぶたになってしまう可能性も
  • 強い腫れが起きるリスクも

手術での縫合の位置などの関係上、術後は二重まぶたになってしまうことも。ご自分のチャームポイントはクールな一重まぶただ!という方であれば、このリスクについても考える必要が。また、目についての施術では、術後の腫れについてもそのリスクを認識しておきましょう。その場合は腫れがひくまで2週間程度かかる場合も。

眼瞼下垂治療はこんな人におすすめ!

イメージ画像

  • 目が開けづらい
  • 眠そうな目、ぼんやりした目を改善したい
  • 年齢を重ねてから「目つきが悪くなった」「目がちゃんと開いていない」と言われる
  • 1週間程度は洗顔料をしなくても大丈夫な方
  • 2重まぶたになっても問題ないという方
眼瞼下垂治療の基本情報まとめ
手術時間 30分〜60分程度
術後気をつけること 術後2〜3ヶ月程度は傷跡の赤みなどが目立つ場合も。
ダウンタイム 1週間程度
アフターケア 手術当日は、洗顔やシャワー時に傷口を濡らさないように。
※クリニックにより異なります。