イメージ

目頭切開って?

目頭切開は、目を内側(顔の中央)に向けて広げる施術。目が小さいと感じている方は縦に大きく、パッチリと開くことばかりを考えがちですが、実際には横幅が足りていないために小さく見えているケースも多いのです。そういったケースの場合、目頭切開のみを行うか、あるいは二重手術と同時に行うことで、コンプレックスを解消できます。二重整形と並んで人気の目頭切開法について、詳しく解説します。

目頭切開の特徴とは

イラストイメージ

美しい目もとの条件には様々なものがありますが、そのうち横幅を例に取ると、左目の幅、目と目の間、右目の幅が1:1:1になっている状態が理想的とされています。しかし、多くの日本人は“目と目の間”にあたる部分がやや広くなっていることが多いのです。ちょっと目と目が離れている程度なら、日本人らしい顔でもあり違和感もありませんが、一定レベルを超えるとややアンバランスなイメージになってしまいますね。目の横幅を広げつつ、間の部分を縮め、横幅比率を1:1:1の理想型に近づける方法として目頭切開法があります。
黄色人種の目頭には蒙古ひだという皮膚膜が存在しており、これが目を小さく見せる一因になっているといわれています。目頭切開法は目頭に覆うようにかぶさっている蒙古ひだを切除し目を横方向に大きくする施術です。切れ長の大きな目になるとともに、黒目も強調され、印象的な目もとができあがります。

  • 切れ長の大人っぽい目を手に入れることが可能
  • 目と目が離れている状態を改善することができます

目頭切開施術の流れ

それでは、目頭切開の術式について具体的な流れを確認してみることにしましょう。目頭切開はその名の通り切開を必要とする施術です。アフターケアなどもしっかり確認しておきましょう。

カウンセリング
まず、目頭切開のメリット、デメリットをはじめ、手術の全容についてカウンセリングで確認します。ここでは、執刀医本人と話ができるクリニックを選ぶことが術後のトラブルを避ける重要なポイントとなります。術後や術中の不安な点などはここでしっかり解消しておきましょう。

アロー

形の決定
理想とする目もとについて、具体的にデザインを詰めていく過程です。本当に目頭切開が最適な解決法なのかどうかも含め、具体的な施術内容をここで決定することになります。目頭切開によって理想とする目もとを実現できるのか、あるいは他の施術と組み合わせるなど、何らかの工夫が必要なのか、執刀医と二人三脚で慎重に見極めましょう。

アロー

麻酔
最初に皮膚麻酔といって、皮膚表面を麻痺させるのが一般的です。こうすることで、局所麻酔を注射する際の痛みを大幅に緩和することが可能。皮膚麻酔には麻酔クリームを使用するクリニックが多いようです。

アロー

手術
術前にカウンセリングで決定したデザインを再確認し、問題がなければ実際の手術を開始します。手術にかかる時間はクリニック、医師にもよりますが、おおむね30分程度。麻酔が効いていますから、手術中に痛みを感じることはありません。

アロー

アイシング
手術を終えたら、腫れや痛みが出ないようにアイシングを行います。患部を冷却することで、血流を抑えて炎症を最小限にすることが可能になるのです。

アロー

帰宅
アイシングまで完了したら、すぐに帰宅して問題ありません。赤み、腫れなどが気になる場合、サングラスをかければ外見的にはまったく分からなくなりますので、ご安心ください。多くの場合、よほど目頭付近に注目しなければ、手術後であることは分からないくらいです。

アロー

アフターケア
手術から5日~1週間後に抜糸を迎えます。それまでに腫れが悪化したり、痛みが強くなった場合は施術を受けたクリニックに連絡してください。ほとんどの場合は腫れもそれほど大きくなく、1週間程度で落ち着きます。

目頭切開のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 切れ長の大人っぽい目もとを実現できる
  • 末広二重を平行二重に変えられる
  • 効果はほぼ永久的に持続する
  • 他の施術と組み合わせることも可能!

目の横幅を変えることが出来るので、理想とする目もとをデザインすることが可能です。さらに、二重手術など他の施術と組み合わせることが用意で、複数の術式を用いれば、ほぼ自由自在に形状を実現することができるでしょう。切開施術なので効果がほぼ永久的に持続することも大きなメリットです。

背景1

背景2

デメリット

  • 術後、若干の腫れや痛みがある
  • 1週間程度は、外見的にも違和感がある
  • 抜糸まではアイメイク不可
  • 永続性があるので医師の技術が問われる

切開を伴う施術としては軽いほうですが、やはり二重埋没法などに比べると、発赤や腫れが気になるかもしれません。メイクで患部を隠せるのは抜糸が終わってからなので、しばらくは外出を控えざるを得ない…という可能性も。さらに永続する施術なので、医師のセンス、技術によって満足度に違いが出る点にも注意。クリニック選びは慎重に行いましょう。

目頭切開はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 目の横幅を大きくしたい
  • 切れ長の目もとを実現したい
  • 末広二重を平行型に変えたい
  • 1週間程度アイメイクができなくても大丈夫
  • 永続的に目を大きくしたい
  • 離れ目をなんとかしたい
目頭切開の基本情報まとめ
手術時間 約30〜40分
術後気をつけること 術後1ヶ月~3ヶ月程度は傷口の赤みが気になる場合もあります。
ダウンタイム 約3〜7日
アフターケア 抜糸までは石鹸を使っての洗顔は避けて、痛みは処方薬でコントロール。
※クリニックにより異なります。