Btopイメージ

二重切開法の魅力

理想とする二重のデザインを100%実現したいなら、自由度の高い切開法がおすすめ。縫い留めるだけの埋没法と比較すると、やや大がかりな施術にはなりますが、理想とする目もとを永続的に維持することが可能です。厚めのまぶたや年齢によりたるんできたまぶたなど、様々なまぶたの状態にも広く対応できるのも魅力です。

二重切開法について!詳しい方法・特徴解説

イメージ

メスを必要としない手軽な二重整形として埋没法が人気ですが、二重の持続性やデザインの自由度を求めるのであれば切開法の方が適しています。切開法はその名の通り、まぶたを切開して二重のラインをつくる施術。切開した部分を糸でくっつけ、癒着させることで二重まぶたができあがります。希望する二重のラインに合わせて全て切開する全切開法と必要な部分だけを切開する部分切開法があります。どちらも埋没法に比べると腫れが大きくダウンタイムも長くなりますが、まぶたが施術前の状態に戻る心配がなく、永久的に理想とする二重が手に入るという大きなメリットがあります。また、埋没法にはあまり向かない、脂肪が多い厚めのまぶたの方にも適合し、幅広いデザインに対応できるのも特徴。ただし注意点として、埋没法のようにやり直しがきく施術ではないため、確かな技術を持った医師に依頼することが重要となります。目の解剖を熟知していない医師が行った場合、眼瞼挙筋を傷つけるなどして後遺症に繋がることも。事前に情報をしっかり集め、信頼のできる医師を見つけましょう。

  • 幅広の二重、欧米風の平行二重などあらゆるデザインを実現
  • 永続的な施術なので、後から一重に戻ることはありません

二重切開法施術の流れ

それでは、切開法による施術の流れを具体的に紹介したいと思います。実際に手術を受けた場合、どのような経緯をたどるのか…、それをきちんと確認することが手術への不安を解消するための一つの要素となります。

カウンセリング
まずは、手術のメリット、デメリット、あるいは術後の腫れなどについて総合的な説明を受けることが大切。この時、執刀医本人がカウンセリングを行ってくれる医療機関を選ぶことが重要。

アロー

形の決定
重瞼棒という器具を用いるなどして、手術後の二重がどのようになるかを実際に確認していくことになります。理想とする二重のイメージを執刀医に伝え、慎重に形状を決めていきましょう。切開法の場合やり直しがきかないので、医師としっかりイメージを合わせることが重要です。

アロー

麻酔
いよいよ手術となったら、まずは麻酔クリームによる皮膚麻酔を施します。予め皮膚表面を麻痺させておけば、局所麻酔を注射する際の痛みを最小限に抑えることが可能。皮膚麻酔さえしていれば、麻酔針の痛みはほとんど感じられない…という方が圧倒的多数を占めています。

アロー

手術
デザインを最終確認し執刀開始となります。局所麻酔下なので、術中の痛みはありません。手術にかかる時間は30分程度。クリニックによっては、手術中に好きな音楽を聴けたりするところもあるそうです。

アロー

アイシング
手術が終わりましたら、腫れや赤みを抑えるためにアイシングを実施します。冷やす時間は10分程度が一般的。アイシングすることで麻酔が切れた後の痛みを緩和することが可能です。

アロー

帰宅
アイシングが終了すれば、そのまま帰宅してOK。多少の腫れがありますが、ほとんどの場合、不自然なほどではありません。気になる場合、サングラスをかければ外を歩くのに問題はないでしょう。

アロー

アフターケア
手術から1週間程で抜糸を迎えます。それまでの間に腫れや痛みが著しく悪化した場合は、すぐに施術した医療機関に連絡してください。ただ、基本的には多少の腫れや発赤が見られても一時的なもので、問題はありません。

切開法のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • デザインの自由度が非常に高い
  • 腫れぼったいまぶたの方にも対応
  • 永続性があり、元には戻りません
  • 手術としては手軽で、安静は不要

白人モデルのような、パッチリした二重を希望している場合、切開法が最適です。デザインの自由度が非常に高いので、理想とする二重のラインを実現することが可能。また、いったん施術すれば効果は永続するため、意に反して元に戻ってしまうことはほとんどありません。

背景1

背景2

デメリット

  • 埋没法に比べると腫れと痛みが強い
  • 抜糸など術後検診に通う必要あり
  • 手術直後は若干、違和感がある
  • 医師の技量が重要

やはり縫いとめるだけの埋没法と比較すれば、術後の腫れ、痛みは強くなります。手術から数日は外見的に違和感が出る可能性も。とはいえ、7日ほど経てばアイメイクしても問題ないので隠すことは難しくありません。ただ、切開法は永続的な施術なので、技術的に信頼できる医師にお願いしましょう。

切開法はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 永久に二重まぶたを実現したい
  • 末広型の二重じゃ満足できない
  • 術後、数日はメイクを控えられる
  • 欧米人ばりのパッチリ二重になりたい
  • 細かいデザイン、形状にこだわりがある
  • 埋没法で元に戻ってしまった
二重切開法基本情報まとめ
手術時間 約40〜100分
術後気をつけること 1週間程度はアイメイクを控えたほうが良いでしょう。
ダウンタイム 約7〜14日
アフターケア 痛み止めなど、処方薬を服用していればOK。
※クリニックにより異なります。