イメージ

まぶた脂肪吸引とは

腫れぼったい目の方、上まぶたが重たい印象を与えてしまっている方などは、脂肪を取り除くことで目もとの印象を変えられる可能性があります。まぶたの脂肪が多く腫れぼったい方の場合、二重埋没法や二重切開法だけでは理想の二重が作れないこともあります。まぶたの脂肪吸引をすることで、そういった二重整形の成功にも繋がります。

まぶた脂肪吸引の施術法解説

イメージ

まぶた脂肪吸引は、まぶたをわずかに切開し、余分な脂肪を切除するというシンプルなもの。まぶたの脂肪を取り除くことで目の上をすっきりとさせ、若々しくハツラツとした印象に変えることができるだけでなく、寝起きの際のまぶたの腫れやむくみなども解消。二重ラインや、もともとの皮膚の流れに沿って切開するので、手術の傷が目立たないのが特徴です。術後はちょっと気になることもあるかもしれませんが、時間の経過により、ほぼ完全に消失します。ちなみに、ダウンタイムを取れない場合、片目ずつ順番に施術して手術したほうを眼帯で覆うなどすれば、傷跡を見られることなく両目とも手術することが可能です。
この施術には、まぶた脱脂術、脂肪取りなどクリニックによって様々な呼び方がされていますが、基本的にはすべて同じ術式を指しています。

  • 重たい印象のまぶたをスッキリさせることが可能
  • 埋没法や切開法と組み合わせることでより理想の二重に

まぶた脂肪吸引の流れ

それでは、まぶたの脂肪吸引がどのような流れで行われるのかを見ていくことにしましょう。不安というのは、基本的に情報不足から生じるもの。手術の行程をきちんと認識していれば、それだけで理由のない漠然とした不安感は消え去るものです!

カウンセリング
目もとをどの程度スッキリさせたいのか、脂肪除去だけで希望が叶えられるのかどうか、を執刀医と相談します。カウンセリングで執刀医本人と話すことが出来るクリニックを選ぶのが、100%希望を叶えるための第一歩になるでしょう。

アロー

麻酔
一般にまずは皮膚麻酔を行い、その上で局所麻酔を注射することが多いようです。麻酔クリームなどで事前に皮膚表面を麻痺させておけば、注射の痛みを感じることはほとんどありませんので、安心してください。

アロー

手術
手術を開始します。まぶたの一部を切開し、眼窩脂肪を少しずつ取り除いていきますが、麻酔が効いているため、術中に痛みを感じることはありません。手術にかかる時間は約30分といったところです。

アロー

アイシング
手術が終わったら、痛みや腫れを最低限に抑えるためのアイシングを実施します。10分ほどアイシングを行えば、術後の痛みはかなり抑えられるはずです。

アロー

帰宅
アイシングまで完了すれば、帰宅してOK。腫れや赤みが気になる場合はサングラスなどを装着していれば外見からは分からないでしょう。ただ、ほとんどのケースでは、よほどまぶたに注目しなければ、手術直後であることは判別できません。それほど心配しなくても大丈夫でしょう。

アロー

アフターケア
手術から1週間で抜糸を行います。ちなみに下まぶたの脂肪除去であれば、抜糸は不要。もし、術後検診までの間に痛み、腫れが悪化した場合、施術を受けた医療機関に連絡してください。ただ、多少の発赤や腫れであれば一過性のものなので心配はいりません。

まぶた脂肪吸引のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 腫れぼったい目をスッキリさせられる
  • 目の上のむくみを根本治療できる
  • 翌々日からアイメイクが可能
  • 他の施術と併用して行うことも可能

むくみが生じている目もとをスッキリさせることで、外見的に若返ることができる施術です。切開を伴う施術の中では傷が小さく、メイクや入浴の制限が生じるのは術後2日程度。理想とする目もとを実現したい場合、他の術式を同時並行で行うことも可能なので、総合的な自由度は上々です。

背景1

背景2

デメリット

  • 術後、多少の違和感や痛みが生じる
  • 3〜5日ほどは発赤、腫れが見られる
  • 単独ではデザインの自由度が低い
  • 抜糸などの術後検診が必要

まぶた脂肪吸引を単独で行っても、目の重さがなくなるだけなので、デザイン性は期待できません。ただ、他の術式と併用して実施できるので、複数を組み合わせれば問題はないでしょう。簡単な手術とはいえ、数日は腫れ、発赤が生じるので、その点についても注意が必要。

まぶた脂肪吸引はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • まぶたのむくみを除去したい
  • 重たい目もとをスッキリさせたい
  • まぶたが厚くて埋没法がうまくできなかった
  • 2日程度はアイメイク不可でも大丈夫
  • 朝、寝起きにまぶたが厚くなる
  • 目もとに年齢を感じるようになった
まぶた脂肪吸引の基本情報まとめ
手術時間 約30分
術後気をつけること 術後3日目まではアイメイク、洗顔を控えてください。
ダウンタイム 7日間程度
アフターケア 処方薬など基本的なケアをしていればOK。
※クリニックにより異なります。