イメージ

エラ削りって?

顔のエラが張っていると骨格が強調され、いわゆる「骨っぽい顔」に。これは雄々しさをイメージさせるため、女性らしさを求める方には悩みの種と言えるでしょう。エラ削りでは、余計なエラ骨などを削ることで輪郭を美しくデザインする施術です。

エラ削りの方法・特徴は?

イメージ

頬と顎をつなぐ部位は、いわゆる「エラ」と呼ばれる部分。遺伝的、あるいは生活習慣などの様々な要因によってこのエラが発達すると、顔が大きく見えたり、または角張ったような印象に。エラ削りは、角張ったエラを削ることで、フェイスラインを柔らかく変化させます。
エラは、下顎角、外板、咬筋で構成されています。エラ削りでは基本的に骨を切除していきます。場合によっては外板や咬筋を調整することもあるようですが、病院によってはこれらの施術をエラ削りと区別している場合もあるようです。(咬筋切除、外板切除など)「それなら今はボトックスがあるから手術必要ないよね」と思った方は鋭いと言えます。確かにボトックスは筋肉の緊張を弱めるため小顔施術にも頻繁に使用されます。しかし、それはあくまでも筋肉に作用するだけで、骨格を変えるわけではないのです。逆に言えば、エラ張りの原因が筋肉ではなく骨格そのものにある場合にこそ「エラ削り」の選択肢が考えられるわけですね。

  • エラ張りを解消し、女性らしい優しい印象の顔に
  • 特に横から見たときの印象が大きく変わる
  • ボトックスでも効果が見込めない方に有効

エラ削りの流れ

エラ削りは、高度な知識と経験を要する外科手術となります。そのため、利用する医院や担当医は入念に調べた上で決定すべきでしょう。ここでは、エラ削りがどのような手順で行われているかを知って頂き、まずは施術のイメージを膨らませてみましょう。

カウンセリング
医師とカウンセリングを行います。シワの深さや程度を観察するほか、患者さんの話を聞いた上で、ボトックスの注入量などを決定していきます。

アロー

予約
麻酔は病院によって必ずしてくれるところと、希望制のところがありますので、心配であればあらかじめ病院のホームページや電話などで確認しておきましょう。

アロー

手術
麻酔がきちんと効いてきたら施術開始です。麻酔の効果で痛みはほとんどありません。施術にかかる時間は注射をするだけなので驚くほど短く済みます。

アロー

入院
施術後はすぐに帰宅可能です。特に制限もないため、お化粧をしてから帰ることができます。

アロー

退院
経過確認などを行うために一度通院するようにいわれるかも知れませんが、施術は上記で終了です。なお、ボトックスの効果には限りがありますので、数か月後にまた来院の必要があります。

アロー

アフターケア
術後1か月程度は痛みや違和感が続くことが予想されますので、何か心配なことがあればなるべく早く施術を担当した病院に連絡を取りましょう。また、指定された通院日には欠かさず病院へ行きましょう。

アロー

エラ削りのメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 効果が長い期間維持できる
  • ほぼ確実な小顔効果

エラ削り手術は、メイクなどで隠すのとは違い、骨を物理的に削るため、その効果は一生ものです。また、ボトックスの場合、人によっては見た目がほとんど変化しない方もいるようですが、エラ削りの場合はほぼ確実にその効果を実感できるはず。

背景1

背景2

デメリット

  • 全身麻酔が必要
  • 大体1か月程度腫れや痛みが
  • 入院が必要

エラ削りは、全身麻酔が必要な大がかりな術式ですので、それなりの覚悟は必要かも知れません。約1か月程度は食事のしにくさ、話にくさ、痛み、違和感が続くようです。周囲にばれたくない、あるいは数日の休みも取れないほど忙しいという方であれば施術は難しいかもしれません。

エラ削りはこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 張っているエラをなくしたい
  • 優しく女性的な顔立ちを手に入れたい
  • 効果は長い期間が良い
  • 小顔を目指したい
  • 入院を伴う手術でも問題ない
エラ削りの基本情報まとめ
手術時間 2時間ほど
術後気をつけること 約4週間痛みや腫れがあります
ダウンタイム 2週間は強い腫れがある
アフターケア 3日程度の入院が必要
※クリニックにより異なります。