イメージ

ボトックス注入って?

常に露出された顔というパーツ。特に年齢と共に表れるシワは女性の大敵と言えます。額や目元のシワはその代表格ですが、意外に多くの方が悩まされているのが「顎のシワ」です。顎のシワは、言葉をしゃべる、ものを食べるなど口周りの筋肉を使うときに良く現れます。どこか神経質な印象を他人に与えてしまうこのようなシワもボトックスならば簡単に改善可能です。

ボトックス注入の方法・特徴は?

イメージ

ボトックスは筋肉の緊張を弱めることが可能なたんぱく質の一種です。そのため、シワ治療に積極的に利用されています。
顎のシワは筋肉(オトガイ筋)の緊張によって起こります。そのため若い方でもシワが出ている場合があります。筋肉は緊張すると収縮しますが、その際、その部位にシワができることは経験からお分かりかと思います。顎のシワは、筋肉の慢性的な緊張によって表れてきます。 顔周辺の筋肉はしばしば頭痛や肩こりの原因となりますので、早めの対処が望ましいところ。
顎にボトックスを注入すると、筋肉の緊張によってもたらされていた顎のシワが緩和。顔の輪郭がシャープになると同時に、口角もあがるなど、優しい表情になることも。
ボトックスは平成11年ごろからアメリカで人気に火がつき、翌々年の平成13年には日本でも普及しました。

  • 表情ジワに有効なボトックスで顎のシワが緩和!
  • オトガイ筋の緊張緩和で、頭痛や肩こりの軽減も期待できる
  • 将来深いシワになることを予防できる

ボトックス注入の流れ

ここからはボトックス注入による顎のシワ改善施術の流れを詳しく見て行きましょう。なんだか工程が多くて面倒だな、と思われるかも知れませんが、満足の行く結果と安全性の確保のためどんな美容整形外科でも採用されている流れです。

カウンセリング
医師とカウンセリングを行います。シワの深さや程度を観察するほか、患者さんの話を聞いた上で、ボトックスの注入量などを決定していきます。

アロー

麻酔
麻酔は病院によって必ずしてくれるところと、希望制のところがありますので、心配であればあらかじめ病院のホームページや電話などで確認しておきましょう。

アロー

施術
麻酔がきちんと効いてきたら施術開始です。麻酔の効果で痛みはほとんどありません。施術にかかる時間は注射をするだけなので驚くほど短く済みます。

アロー

帰宅
施術後はすぐに帰宅可能です。特に制限もないため、お化粧をしてから帰ることができます。

アロー

アフターケア
経過確認などを行うために一度通院するようにいわれるかも知れませんが、施術は上記で終了です。なお、ボトックスの効果には限りがありますので、数か月後にまた来院の必要があります。

アロー

ボトックス注入のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • シワが深くなることを予防できる
  • アレルギーなどのリスクもほとんどなし
  • 美容目的では事故報告もなし

ボトックスは、気軽にシワ治療&予防が可能な施術です。アレルギーもほとんどほか、美容目的の使用において、日本では事故の報告はないよう。このように大変安全性が高い施術と言えるのです。ダウンタイムなどをほとんど気にせず、アンチエイジングにチャレンジできる点にボトックスのメリットがあります。

背景1

背景2

デメリット

  • 注入量に注意が必要
  • 効果が3〜4か月程度
  • 妊娠中・授乳中は受けられない

ボトックス注入量が多いと表情が不自然になるほか、足りなければ当然適切な効果を得ることは出来ません。ですからある程度の経験とセンスを兼ね備えたお医者さんに施術を担当してもらった方が良いでしょう。また、ボトックス注入の効果は3〜4か月程度と短め。回数を重ねることで、効果は少しずつ伸びていきますが、これも短所の1つと言えるでしょう。

ボトックス注入はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 口が「への字」、あるいは口元がだらしない印象の方
  • 顎のシワを緩和したい
  • 自然にたるみをリフトアップしたい
  • 施術時間は短い方がいい
  • 安全でダウンタイムも短い方が良い
  • 人に気づかれない施術を希望
ボトックス注入の基本情報まとめ
手術時間 5〜10分程度
術後気をつけること 効果は3〜4か月ほど
ダウンタイム 内出血が起きた場合には、約数週間ほど
アフターケア 2〜3週間後に1度様子をみるため、来院をすすめられる場合もあります。
※クリニックにより異なります。