女性

脂肪注入豊胸って?

ご自分の脂肪細胞を注入、定着させることでバストアップを図ります。定着後の豊かなバストは、紛れもなく「ご自分の胸」ということができ、仕上がりの自然さもトップクラスと言えるでしょう。

脂肪注入豊胸の方法・特徴は?

脂肪注入豊胸

バストに脂肪を注入することで、豊胸を目指す施術です。この施術では、自身の体の余分な脂肪を吸引し、それをバストに注入する方法を採用する美容外科が多いよう。つまり、腹部や太ももなど気になる部位が痩せ、同時にバストアップも図れるという大変お得な施術と言えるかも知れませんね。脂肪を吸引する部位にもよりますが、施術に際しては全身麻酔を行うこともあります。
通常の脂肪注入を行ったとき、バストへの定着率はおよそ20〜30%と言われています。つまり、100gの脂肪をバストに注入した場合、およそ20〜30gが豊胸に役立つと言うことですね。しかし、吸引した脂肪へ成長因子などを加えることで、バストへの定着率を高めた施術を行うクリニックもあるようです。胸に定着した脂肪は残り続けますが、ダイエットなどを行い体脂肪が減少した場合には若干の影響があるでしょう。

  • 脂肪吸引と豊胸が効率よく行える
  • 自分の脂肪細胞を使用するため、安全性が高くアレルギーの心配無用

脂肪注入豊胸の流れ

さてここからは脂肪注入豊胸の流れについて具体的に確認していきましょう。施術の流れを知った上で、自分がどのようなバストを理想とするのか、と言ったことをあらかじめよく考えてから来院するとベターかも知れませんね。

カウンセリング
バストに対する悩み、どの部位から脂肪を吸引するか、出来上がりのイメージ等、話し合わなくてはならない事柄が比較的多い脂肪注入豊胸の施術。しかし、この先の大切な将来がかかっていると考えて、真剣にしっかりと話を詰めていきましょう。

アロー

手術日の決定
当日施術が可能なクリニックもありますが、前段階のカウンセリングや診察である程度の時間がかかっているはず。通常は日を改めて施術することも多いようです。

アロー

検査
血圧や脈、体温などを検査、次いで血液検査も行います。その他、持病や常用薬などもチェックし、手術を行うに際して障害がないかを調べていくのです。

アロー

手術前
食事や薬の服用を制限するなど、手術に必要な指示が成されます。

アロー

手術
手術は脂肪吸引からバストへの脂肪注入という順番で行われます。施術時間は、脂肪吸引の部位や範囲などでも異なりますが、長くてもおよそ2時間程度であることが多いようです。

アロー

手術後
麻酔の効果が切れるまで最大3時間程度の休憩が必要です。その後は入院などの必要もなく、帰宅可能ですが、それに際して痛み止めや内服薬が処方されるでしょう。
アフターケア
およそ1週間程度で抜糸を行います。ただし、全身にわたる手術ですので、多くの場合で定期診断による数回の通院が奨励されていることでしょう。また、何か異常を感じたときはすぐに、クリニックへ連絡するようにしましょう。

豊胸・脂肪注入のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 脂肪吸引と併用できることも
  • バックのように経年劣化しない

脂肪を注入するタイプの豊胸を行う場合、併せて脂肪吸引を行うという大変お得な方法が一般的に行われています。脂肪吸引によって痩身が実現するだけでなく、アレルギーや拒絶反応の少ない自分の脂肪をバストに再注入することが可能。バッグのように劣化の心配も無い、豊かなバストが手に入ります。

背景1

背景2

デメリット

  • 2週間程度は激しい運動ができない

脂肪注入豊胸は、脂肪吸引と注入という2つの施術を同時に行います。そのため身体への負担も比較的大きい施術と言えるでしょう。それ故、術後はなるべく安静を保つ必要があります。仮にスポーツジムに通っている場合には2週間は休んだ方が無難、またもし力仕事に携わる業種にお勤めの場合も、休暇を取る必要が出てくるかもしれません。

脂肪注入豊胸はこんな人におすすめ!

イメージ画像

  • 胸にバックなどの異物を入れずに豊胸したい
  • 効果は半永久的な方が良い
  • ある程度の体重がある方
  • メリハリのある身体を手に入れたい
  • 入院不要な施術が良い
脂肪注入豊胸基本情報まとめ
手術時間 1〜2時間前後
術後気をつけること 施術後に軽度の痛みがあります。また、2週間程度は激しい運動を避けましょう。
ダウンタイム およそ1〜2週間
アフターケア 1〜2週間経っても痛みや腫れがひかない場合には、施術を担当したクリニックへコンタクトを取って下さい。
※クリニックにより異なります。