胸の整形を徹底調査!

イメージ1

女性の整形手術で常にTOP10入りを果たしていると言っても過言ではない胸の整形。単なるバストアップの目的のみならず、バストの形を整える目的でも施術を行う方が増えているようです。メスなどを使って理想のバストを長期間キープする施術から、効果の限界はあるもののわずか数分の施術で済む、切らない施術もあります。このように、細分化した胸の整形の種類と、正しい知識を知って、ぜひ理想の自分を実現させる足掛かりにして下さい。

みんなの胸の悩みは!?

胸が小さい…

胸の形以前に大きさが足りない…。やっぱり女性らしいふくよかな胸に憧れる!

例えば…

脂肪注入

乳頭や乳輪が大きい…

乳頭や乳輪が大きくて、全体のバランスが悪い…。大きさを調節して美乳を目指したい!
例えば…

例えば…

乳頭縮小

乳首が陥没している…

見た目だけでなく、例えば授乳の時にも大きな問題をきたしてしまう、乳首の陥没を解消したい!

例えば…

陥没乳の施術

整形で実現可能な胸にはこんな種類があります

近年、科学や医療の進歩めざましいですが、美容整形技術の進歩についても同様のことが言えます。実際、現在の美容成形技術を持ってすれば実現不可能な胸はない、と言えるほどです。ですから、胸の美容整形をお考えの方は「ここをこう直したいな…」ではなく「こんな胸を目指したい」と積極的に考えてみてはいかがでしょうか

円錐型

円錐型

胸の底辺の直径に対して、多少高さのあるバスト型です。横から見た場合に、多少突き出て見え、半球型に比べると若干セクシーな印象があると言えるでしょう。

半球型

半球型

円錐型と併せて、人気の高い胸のデザインです。胸の底辺の直径と高さがほぼ同じ長さで、女性らしいふっくらとした形をしています。バストの基本型とも言え、どんな服でも着こなせるはず。

釣鐘型

釣鐘型

円錐型、半球型に比べて、多少垂れた印象の釣鐘型バスト。見た目に重量感やボリュームが感じられ、外国人に比較的多く見られます。曲線の美しさから、このデザインを好む女性も多いようです。

あなたの希望に合った施術はどれ!?

胸の悩みや理想のデザインに合わせて、バストの整形施術にはさまざまな種類があります。こちらでは、それらの施術をひとつひとつ詳しくご紹介して参ります。施術時間や予算を加味して、ご自分に合う施術を選んでみましょう。

ダウンタイムはほぼなし!

豊胸・ヒアルロン酸注入

小さな鼻の悩み、あるいは鼻筋を通したいのなら隆鼻術がおすすめ。注射によるプチ隆鼻術も人気ですが、特にプロテーゼは1時間程度の施術で半永久的な効果が実現できます。
→降鼻術を詳しく

豊胸・ヒアルロン酸注入を詳しく見る

自然な仕上がりはピカイチ!

豊胸・脂肪注入

吸引した自分の脂肪を注入して、豊かなバストを実現。「お腹やおしりの贅肉が胸に行けばいいのに…」そんなぼやきが実際に実現する魅力的な施術です。

豊胸・脂肪注入を詳しく見る

現在は種類も豊富!

豊胸・バッグ注入

現在まで多くの女性が、バッグ注入による豊胸を試みてきました。症例数が多く、歴史も長いため、より安全に施術を受けられるでしょう。昨今では、シリコン以外のバッグも存在します。

豊胸・バッグ注入を詳しく見る

産後・育児後のバストにも!

乳頭縮小

生まれつきのほか、出産・育児を経て乳頭が大きくなるケースも。乳頭が大きすぎて格好が悪い、左右の乳頭の大きさが違う…そういった悩みに対応するのが乳頭縮小手術です。

乳頭縮小を詳しく見る

バランスのよい美バストに!

乳輪縮小

乳頭縮小手術同様、大きすぎてみっともなく感じる、左右で大きさが違う、といった乳輪を理想的な大きさに整えます。

乳輪縮小を詳しく見る

炎症の原因にもなる陥没乳を改善!

陥没乳

陥没乳とは乳首が乳房内に落ち込んでいる状態。授乳時に不便なだけでなく、炎症や感染症を引き起こすこともあるため、施術で改善するのが理想的です。

陥没乳を詳しく見る

人気施術特集をチェック