イメージ

目のたるみ除去って?

目のどの部分がたるんでいるのかによって施術が変わってきます。上まぶたがたるんでいる場合は「上まぶた切除」や「上まぶた埋没法」。目の下にたるみが見られる場合は「目の下の切除」といった整形施術があります。

目のたるみ除去の方法・特徴は?

イメージ

目の下のたるみを取り除く方法は大きく分けて2種類。「切る施術」と「切らない施術」に大別できます。
「切る施術」では、たるみが発生している付近を切開し、余分な皮膚や脂肪を取り除きます。二重ラインの付近を切開する方法が一般的ですが、この場合、二重ライン付近の皮膚を除去してもその上の厚い皮膚が残っているので、腫れぼったさが完全にとれない場合があります。そのため、眉の下の厚ぼったい皮膚を切除し、余分な脂肪を除去する方法がとられる場合もあります。目の下にたるみが見られる場合は、下まつ毛の生え際付近を目のラインに沿って切除し、余分や皮膚や脂肪を取り除きます。
「切らない施術」で多く用いられるのが、二重施術で取り入れられている埋没法です。メスを使用せず、まぶたの裏側から糸で留めることで二重をつくり、たるんで腫れぼったくなっている目をパッチリとした目にします。これは、比較的たるみが少ない人に向いています。

  • 上まぶた、下まぶたのたるみが除去できる
  • 切る施術だけでなく、切らない施術もある
  • 目元を変えることで顔の印象を大きく変えることが可能

目のたるみ除去の流れ

上で紹介したように、目のたるみを解消する施術には「切る施術」と「切らない施術」があります。ここでは、切除を必要とする施術を行う場合の流れを紹介します。

カウンセリング
来院してはじめにカウンセリングをおこないます。どのような悩みを持っているか、希望の仕上がりのイメージはどのような感じか、などを詳細にヒアリングしていきます。

アロー

デザイン
次に医師による診察です。場合によってはボトックスよりも適している施術を提案されることもあります。例えば小顔施術などの場合、原因が骨格にある場合にはボトックスの効果はあまり望めないこともあります。なおカウンセリングと診察は同時に行われることも多くあります。

アロー

麻酔
注入時に針を刺す痛みを軽減する目的で、麻酔を行います。

アロー

手術
目のたるみ除去の注射を、シワの原因となっている筋肉に直接打ちます。目的や目指す効果によって注入量は異なります。注入施術自体は1分程度で終わります。

アロー

アイシング
施術部分を冷やして、腫れを防止します。時間にして長くても10分程度です。

アロー

帰宅
施術が終了したら、基本的にはそのまま帰宅することが可能です。入院や抜糸の必要もありません。しかしボトックスの効果には限りがありますので、長期的な効果の持続を望む場合には、定期的な通院が必要となります。

アロー

アフターケア
手術後1週間程度で抜糸を行います。なお、目のメイクは抜糸後に可能となります。

アロー

目のたるみ除去のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 頭痛、肩こり、眼精疲労などが改善する場合も
  • 二重に沿って切開する場合は傷が目立ちにくい
  • 高いアンチエイジング効果が見込める

目は顔の中心パーツの1つ。年齢が出やすい箇所である反面、施術を行えば顔全体の印象を一気に若返らせることも望めます。また、特に上まぶたの垂れを改善すると、頭痛、肩こり、眼精疲労が改善する場合も。そうした症状に悩まされている方にも大きなメリットがある施術です。

背景1

背景2

デメリット

  • 1週間前後は腫れる
  • コンタクトレンズも1週間後に
  • 切る施術の場合、やり直し不可

目は皮膚が薄く繊細な部位のため、切る施術を行う場合は最低1週間前後は腫れてしまう可能性があります。どうしても周りに施術したことを知られたくない場合には、フォローが大変になるかもしれません。また、1週間程度はコンタクレンズを控える必要があります。

目のたるみ除去はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • クマのようなたるみが目立つ
  • 目が小さくなってきた気がする
  • 最近、顔に老けた印象が出てきた
  • 若々しい雰囲気を取り戻したい
  • 「疲れている?」と周りの人から言われる
目のたるみ除去の基本情報まとめ
手術時間 1時間~1時間半程度
術後気をつけること メイクは抜糸後から
ダウンタイム 腫れが1週間程度続く
アフターケア 切る施術の場合は1週間前後で抜糸
※クリニックにより異なります。