イメージ

ボトックス注入って?

ボツリヌス毒素製剤という、シワをつくる筋肉を一時的に麻痺させる薬を注入することでシワが作られないようにするのがボトックス注射です。メスを使うことなく年齢に立ち向かうことが可能な、画期的な施術と言えるでしょう。

ボトックス注入の方法・特徴は?

イメージ

シワが解消されると聞くと、ボトックスは肌へ影響を及ぼすように思われるかも知れません。しかし実際には、注入されたボトックスは筋肉(正確には筋肉と神経のつなぎ目部分)に作用します。そもそもシワは、顔の表情筋が伸縮することで皮膚にシワが寄り、それが長年くりかえされることでシワが刻みこまれます。ボトックス注射は、安全性が認められた薬を注入してこの筋肉を一時的に麻痺させ、シワが作られないようにします。注射して間もない頃は患部が重く感じる方もいるかもしれませんが、時間が経つにつれ、あるいは注射回数を重ねることでそうした違和感も徐々になくなってきます。
ボトックス注射の効果は、個人差がありますが3~6か月程度持続します。ボトックス注射は、表情を作った時にできるシワを作られないようにするためのものなので、すでに深いシワが出来てしまっている場合、そのシワには効果は発揮されません。シワが深くなる前のシワ予防として早めに取り入れておくとよいでしょう。

  • メスを使わずおでこのシワ撃退
  • 効果を長く持たせるのであれば3か月~半年に1度ボトックスを打つ必要がある
  • すでに深くなってしまったシワには効果が期待できない

ボトックス注入の流れ

ボトックス注入は、シワの状態によっては適していなかったり、ヒアルロン酸注入を併用した方がよい場合などがあるので、カウンセリング、診察をしっかり行ったのち、施術となります。

カウンセリング
来院してはじめにカウンセリングをおこないます。どのような悩みを持っているか、希望の仕上がりのイメージはどのような感じか、などを詳細にヒアリングしていきます。

アロー

医師による診察
次に医師による診察です。場合によってはボトックスよりも適している施術を提案されることもあります。例えば小顔施術などの場合、原因が骨格にある場合にはボトックスの効果はあまり望めないこともあります。なおカウンセリングと診察は同時に行われることも多くあります。

アロー

麻酔
注入時に針を刺す痛みを軽減する目的で、麻酔を行います。

アロー

施術
ボトックス注入の注射を、シワの原因となっている筋肉に直接打ちます。目的や目指す効果によって注入量は異なります。注入施術自体は1分程度で終わります。

アロー

止血
施術部分を冷やして、腫れを防止します。時間にして長くても10分程度です。

アロー

帰宅
施術が終了したら、基本的にはそのまま帰宅することが可能です。入院や抜糸の必要もありません。しかしボトックスの効果には限りがありますので、長期的な効果の持続を望む場合には、定期的な通院が必要となります。

アロー

ボトックス注入のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 気軽な施術が可能
  • シワが激減する可能性も

ボトックス注入のメリットは、なんといっても施術の手軽さ。決めた場所に注射をするだけですから、施術そのものの時間は早いクリニックであれば1分程度。これほどお手軽なのに、人によってはたったこれだけでシワが激減するケースも。特に、表情筋が発達している方(表情が豊かな方)などの場合には、大きな効果が期待できるかも知れません。

背景1

背景2

デメリット

  • 効果が3〜6か月ほど
  • 即効性はない

効果は数か月ほど。最近ではそれ以上効果が持続するものもあるようですが、いずれもボトックスの効果は永久的とは言えません。また、ボトックスの効果が出始めるのは2日目くらいから。しかもそこからきちんと効いてくるまでには1週間以上を要するのが一般的です。

ボトックス注入はこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • これ以上シワを増やしたくない
  • シワ予防を考えている
  • たるみのリフトアップをしたい
  • 比較的短時間の施術を希望
  • 安全性の高い施術を選びたい
  • アンチエイジングをはじめたい
ボトックス注入の基本情報まとめ
手術時間 麻酔込みで30分以下
術後気をつけること ボトックスは熱に弱いため、施術当日はサウナや入浴、激しい運動などを避けた方がよい。
ダウンタイム 当日は極力患部に触れないことが望ましい。
アフターケア 長期的で安定した効果を望むなら、数か月に1回×数回の注入が必要。
※クリニックにより異なります。