イメージ

エンドプロテーゼって?

プロテーゼとは、鼻や顎といった輪郭の形成に用いられる人工軟骨。通常は気になる部分を切開してプロテーゼを挿入するのですが、エンドプロテーゼは、注射で挿入することのできるジェル状のプロテーゼです。従来のプロテーゼ挿入につきものの切開手術を必要としない点は大きなポイントと言えます。ただし、懸念されるデメリットもありますので、そうしたリスクを踏まえた上で施術するかどうかを決定しましょう。

エンドプロテーゼの方法・特徴は?

イメージ

鼻や顎を高くしたい。そうした場合、従来でしたら2つの方法が考えられました。1つめはヒアルロン酸などを注射する方法。気軽に出来る反面、その効果は有限です。2つめのプロテーゼ注入は、半永久的な効果が望める反面、メスを入れての手術が必要になります。当然ある程度の負担が予想されるため、特に年齢を重ねた方等では抵抗感を持つ方も少なくないでしょう。こうしたジレンマを解消する、次世代プロテーゼが「エンドプロテーゼ」です。
エンドプロテーゼは、ジェル状であるエンドプロテーゼを希望箇所に注射で注入していきます。ヒアルロン酸注入と違い、体内に吸収されることがないので、通常意図的に抜かない限り効果は持続します。治療時間も10〜20分程度と短く痛みもほとんどありません。隆鼻ほか、豊胸や顎の形成などに利用されています。

  • 切開せずに理想の形に形成できる
  • 隆鼻・豊胸・顎のデザインなどが可能
  • 施術時の体への負担が少ない

エンドプロテーゼの流れ

エンドプロテーゼは施術時間も短く、万が一理想と異なった形になってしまったとしても取り除くことが可能なので比較的手軽に受けられる施術と言えるでしょう。

カウンセリング
骨格や筋肉の付き方を医師が確認。カウンセリングで聞いたコンプレックスをどのように解消できるかをシミュレーションしていきます。

アロー

マーキング
決定した注入箇所にマーキング(印をつけること)を行っていきます。こうすることで、デザインを確認できるほか、施術時のミスを減らすことが可能です。

アロー

麻酔
施術時の痛みを抑えるために麻酔を行っていきます。麻酔が効いてきたら施術を初めて行きます。

アロー

施術
注射針(もしくは注射針のような細いカニューレ)でエンドプロテーゼを注入していきます。注入完了後、外側から形を整えます。

アロー

施術後
多少むくみを感じることはあるかもしれませんが、腫れることは通常ほとんどありません。数日から1週間経っても痛みや腫れが引かない場合は、施術を受けた病院に連絡してみましょう。

アロー

アフターケア
術後数回程度の通院が必要になります。その時に、違和感や痛み、腫れなど気になることは何でも相談してみましょう。

アロー

エンドプロテーゼのメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 効果が持続する
  • 取り出しも可能

切開を伴うエンドプロテーゼは、手術で筋膜を引き上げるので、効果に個人差が出る、人によっては効果がない、ということがありません。顔が左右非対称で悩んでいるという方もカウンセリングでそれを伝え、医師としっかり話し合うことで、左右対称を目指したリフトアップも可能です。。

背景1

背景2

デメリット

  • アルコールを控える必要が
  • この他禁則事項がある
  • 綺麗に仕上がらない可能性も

20分程度で終わるプチ整形とは違い、エンドプロテーゼは比較的大がかりな施術のため、しっかりと行われれば5時間ほどは施術に要します。また、医師の技術力によって大きく差が出る施術とも言えるでしょう。

エンドプロテーゼはこんな人にオススメ!

イメージ画像

  • 気軽に鼻を高くしたい
  • 美しい鼻のデザインを実現したい
  • 理想的な顎を目指したい
  • 手術はしたくない
  • けれど効果は半永久的が良い
エンドプロテーゼの基本情報まとめ
手術時間 20分前後
術後気をつけること 術後3日目程度まではむくみを感じることがある。
ダウンタイム およそ1か月程度で安定。
アフターケア 通院や入院は不要。
※クリニックにより異なります。