光脱毛イメージ

光脱毛って?

特殊な光を肌に当てることで、毛の再生力を奪っていきます。安全で誰もが使用できる反面、医療用レーザーほどの効果を望むことは難しい場合も。「医療用光脱毛機器」と「そうではない光脱毛機器」とは区別して考えたほうが良いかも知れません。

方法・特徴は?

光脱毛イメージ

フラッシュ脱毛で使用されるライトは「インテンス・パルス・ライト(IPL)」と呼ばれています。これはメラニン色素に影響を及ぼし、毛根やその付近の毛包・毛乳頭などにダメージを与えるのです。脱毛の原理はレーザーと非常に似ていますが、その力はレーザーよりも弱く、効率的ではありません。安全性は高い反面、効果はレーザー脱毛よりも劣る、と言えます。
ことに「永久脱毛」(2年間での毛の再生率が20%以下を指す)は私たちが考えるよりも遙かに高い技術と安全管理を要する行為です。1つの施術で全身の永久脱毛を行うことは不可能ですし、また、医学的な知識が無ければ、再び毛が生えてきたり、火傷やケガなどのリスクもあります。特に、フラッシュ脱毛による永久脱毛は、医療用レーザー脱毛等に比べて多くの時間と費用がかかると考えられます。(安全な永久脱毛は基本的に医療行為とお考え下さい)

  • ソフトな光で安全性は高い脱毛
  • 医療用レーザー脱毛などに比べると効果は弱い

光脱毛の流れ

ここでは光脱毛がどのような手順で行われるのかを確認してゆきます。施術に当たって必要なものはないか、施術後に気をつけるべき事は何か、などを知っておきましょう。

カウンセリング
施術前にカウンセリングを行います。多くの場合、当日の施術が可能なようですが、肌の状態などによっては施術を受けられないケースも。

アロー

施術
体調等に問題が無ければ施術開始です。最近では、冷却しながら光を当てられるなど、より安全性が高く身体への負担が少ないように機器も進化しています。

アロー

施術後
施術終了です。入院の必要もありませんから、施術後はすぐに帰宅できます。

アロー

アフターケア
術後は特に肌が無防備かつ敏感な状態になっています。日中の帰宅であれば、日差し(紫外線)には特に注意して下さい。あらかじめ長袖・長ズボンの服装で、帽子なども持って行ったほうが良いかも知れません。

アロー

光脱毛のメリット&デメリット

背景1

背景2

メリット

  • 1回あたりの価格がリーズナブル
  • ほとんど痛みがない

医療用レーザー同様、近年脱毛は大変リーズナブルな価格で受けることが可能です。そのため家計を圧迫せずに美しさを維持することができるでしょう。なお、施術時の痛みは輪ゴムで弾かれる程度。強さも調節できますので、ほとんど身体的負担なく脱毛できます。

背景1

背景2

デメリット

  • 白髪の多い方、色素の薄い方はご注意を
  • レーザー脱毛よりも効果が低いという意見も

「インテンス・パルス・ライト(IPL)」はメラニン色素に反応することで脱毛効果を発揮します。よって、すでにご高齢で白髪が多い場合、あるいはもともと色素の薄い方の場合には効果が減少することも考えられます。なお、医療用レーザーに比べるとフラッシュ脱毛の効果が少し劣ると言えます。

光脱毛はこんな人におすすめ!

わきがに対するイメージ画像

  • 安全性の高い脱毛施術を選びたい
  • 元々そこまで多毛ではない
  • 厳密な永久脱毛でなくても良い
光脱毛の基本情報まとめ
手術時間 施術箇所や範囲によっても異なります。
術後気をつけること 術後は紫外線にご注意を
ダウンタイム 特になし
アフターケア 通常数回程度の施術が必要です。
※クリニックにより異なります。