脱毛美容施術でより美しい肌を目指す

イメージ1

美容施術の原点にして仕上げと言えるもの。それが脱毛です。昔から「美は細部に宿る」と言われますが、まさに一見して分からない「丁寧な毛の処理」にこそ、本当の美しさが滲み出ます。きちんと脱毛された肌は、白さが強調され、さわり心地も大変良い状態となっています。つまり、女性らしさがアップするのですね。

こんな「脱毛のお悩み」ありませんか!?

エステでやっても
すぐ生えてくる…

脱毛を医療行為と考えた場合、エステやサロンではどうしても限界があります。アフターケアも考えるとお医者さんに任せた方が安心です。

例えば…

医療脱毛レーザー

自分ではきれいに抜けない…

毛抜きで、あるいはシェーバーやテープで。苦心して自力で脱毛している方も多いでしょう。しかしきれいにケアし続けるのは大変です。

例えば…

フォトRF脱毛

肌がデリケートで脱毛に不安…

自力脱毛のデメリットは、しばしば「肌を傷つけてしまう」こと。これは、開き毛穴や肌荒れの原因ともなるため、実は危険です。

例えば…

光脱毛(フラッシュ脱毛)

脱毛治療はこんな人に選ばれています。

脱毛施術は「毛深い」「脱毛に使う日々の時間や労力を減したい」「より美しく肌を見せたい」という方などに利用されています。メイクや髪型が整っていても、ふとした瞬間に見える、脇・腕・すねなどのうぶ毛や剃り残し…。これではやはりアンバランスな印象を与えてしまいます。逆に脱毛をしっかりしていると、自然体でもどこか様になる、という嬉しい効果も。

毛深くて悩んでいる

毛深くて悩んでいる方

毛深い方は、毛根の数が多く、活動も活発であると考えられます。自力処理で疲れ果てるよりは、1回で悩みを解消したほうが精神的にラクかも。

無駄な労力をなくしたい

無駄な労力をなくしたい

1日わずか数分のむだ毛処理でも、人生単位で考えれば膨大な時間の浪費となります。一説には、10年間で約1,000時間を費やす、という試算も。

金銭的に得をしたい

金銭的に得をしたい

浪費するのは時間だけではありません。1日わずかなむだ毛処理でも、時給換算した場合、10年間で80万円を超える労働に。永久脱毛でも、通常そこまで高額ではありません。

あなたの希望に合った施術はどれ!?

脱毛は、切る施術ではないため気楽に受けることができるはず。しかし、施術範囲や部位によって、それぞれ向き不向きがあります。そうした特性を知り、考慮した上で「ご自分に合った施術」を選びましょう。

高い効果の「医療脱毛」

レーザー脱毛

熱エネルギーをメラニン色素に反応させることで脱毛を行います。もはや美容脱毛の代名詞とも言える施術法です。効果を高めるために通常は数回のレーザー照射が推奨されています。

レーザー脱毛を詳しく見る

脱毛プラス美肌効果も!

フォトRF脱毛

レーザー脱毛に比べて、より肌への負担が少ないと言われるフォトRF脱毛。レーザー脱毛が不得意とされるうぶ毛にも対応するほか、シミ・くすみの改善効果も期待できます。

フォトRF脱毛を詳しく見る

レーザーでは難しい部位にも対応

ニードル脱毛

古い歴史を持つ脱毛法です。ミクロの針(ニードル)を毛穴に挿入し、毛根にダメージを与えていきます。細やかな脱毛が可能なため、デリケートゾーンの脱毛に向くと言えるでしょう。

ニードル脱毛を詳しく見る

手軽にできる脱毛といえばこれ!

光脱毛(フラッシュ脱毛)

IPLという光を肌に照射することで、メラニン色素を刺激。これによって、脱毛を行います。レーザー脱毛と原理は似ていますが、よりソフトな威力をもつとお考え下さい。

光脱毛(フラッシュ脱毛)を詳しく見る

人気施術特集をチェック